基本の分詞

分詞の中でもこれは文末に進行形にしてその時に同時に行っている動作を表す
ことのできる分詞です。英語には様々な分詞がありますが、その中でも比較的
簡単といえるでしょう。ただ名詞の後ろに置くと関係代名詞の省略形ともとれなく
ないので、誤解を与えないように使用しましょう。



A: I worked overtime watching TV.
B: Really?
A: So I was told off.

I work overtime / watch TV
I told off

① I'm walking / think about my work
I picked my pocket

② He works / drink
He fired

③ The kid talks / eat something
He scolded

④ I drive / sleep
I involved in a car accident

⑤ I'm walking / talk on my cell phone
I hit by car

Practice

1.

2.

3.

4.

5.

6.

未佐子:今日は同時進行の動作を表す分詞です。まずはテキストの例題をみてみましょう。

A: I worked overtime watching TV.
B: Really?
A: So I was told off.

I work overtime / watch TV
I told off

康史:ひょっとして文末にある進行形の部分ですか?

未佐子:その通りです。すんごく簡単でしょ?作り方はいたってシンプルです。文末に「~しながら」と 同時に行っている動作の部分を進行形で入れれば完了です。注意点としては、日本語の場合だと「~しながら」 が先にきますが、英語の場合は後ろにくることです。これだけ注意して間違えなければ大丈夫です。

康史:これだけで「~しながら」ってできるんですね~めっちゃ便利です。前からこういう時どういえば いいのかな~ってずっと思ってたんで。

未佐子:結構難しそうな英語もふたを開けてみれば案外簡単だったりしますからね。 ちなみに復習で受身も入れています。be動詞、過去分詞で主語が動詞をされる場合に使いますね。わかりやすい英会話教材にも登場する英文法です。 訳は「~される」でした。

by ~で誰にその行為をされるのかを入れることもできますが、英語は受身を嫌う傾向があるので そのような場合はby以降の名詞を文章の主語に持ってきて文章を作るのが多いです。

康史:たとえば?

未佐子:I was hit by her.彼女にどつかれた

と言う文章があるとします。

康史:ふんふん、生々しいですがまあいいでしょう。

未佐子:by以降の名詞を主語に持ってきますので、He hit me. となるわけです。

康史:あ、簡単ですね。こっちの方がややこしい受身にする必要もないし。

未佐子:そうなんです。ただ日本語では「~される」という受け身の文章が多いですよね? なのでどうしても直訳で受身の英文を作る人が多いんです。ですが、英語では慣用句などの場合を除いて 通常は能動体の文章ですので覚えておきましょう。

さて、それでは練習問題にいきましょう。テキストをみてみましょう。

A: I worked overtime watching TV.
B: Really?
A: So I was told off.

I work overtime / watch TV
I told off

上の文章は過去形の復習です。スラッシュ以降の部分が何をしながらか、という部分に当たるので、 ここを進行形にしてください。次に下の文章は受身形です。主語がその動詞をやったことになっています ので、これを受身にしましょう。

さてそれでは1番からやってみましょう。

<上のやりかたで練習問題の、1~6を変形させましょう。解答は下をどうぞ。>

康史:I was walking thinking about my work. So I was picked my pocket.

未佐子:正解です。「仕事のことを考えながら歩いていた」「だから財布をすられてしまった」です。 pick one's pocketで「財布をする」となります。

康史:へ~こんな言い方するんですね。

未佐子:これは知らないとわからないので、覚えましょうね。ちなみに万引きはshopliftingと言います。 こちらも知らないとわからない単語です。

康史:こういうのは覚えるしかないですね・・・

未佐子:そうですね。大変ですが、知らないとどうしようもないのは覚えるようにしましょう。 それでは次は?

康史:He was working drinking. So he was fired.

未佐子:はい、OKです。「飲みながら働いていた」「だからクビになった」ですね。

康史:ごっつ当たり前ですね。

未佐子:私の前の会社では休みの日は、結構酒を飲みながら仕事をしている人が多かったですが、 大丈夫でしたよ。まあ、変ですけどね。それでは次は?

康史:The kid was talking eating something. So he was scolded.

未佐子:OKです。「物を食べながらその子は話をしていた」「だから怒られた」 です。scoldは「怒る」です。大人が子供に対して使う単語です。 大人が大人を怒るという場合は、tell offを使います。

康史:対象によって変わるんですね。

未佐子:はい。なのでこれは分けて覚えておく必要があります。 それでは次は?

康史:I was driving sleeping. So I was involved in a car accident.

未佐子:正解です。「寝ながら運転していた」「だから事故に会ってしまった」 ですね。これで飲酒運転をした、となります。

康史:飲酒運転っていう英単語はないんですか?

未佐子:これがないんです。なので、この言い方で覚えましょうね。それでは次は?

康史:I was walking talking on my cell phone. So I was hit by car.

未佐子:「携帯で話しながら歩いていた」。「なので車にひかれた」ですね。

康史:on my cell phoneなんですね。道具を表すwithじゃないんですか? 道具をあらわす前置詞といえばwithといのが、私の頭の中でいっぱいだったのですが。。 onに変わるケースもあるんですね。特別なんですか?こういうとことって英語はややこしいですよね。。 学生時代もこういったところで挫折した記憶があってあまり良いイメージがないのですが。


相互リンク
後遺障害


未佐子:いいポイントに気付きました。これはtalk on one's phoneという言い方なんです。 withだとtalk with the phoneになりますよね?これだと「電話と話をする」となって しまうんです。ま、あながち間違いではないですが、実際に話しているのは電話の向こうの人なので、 onにする、という決まりがあります。よい英会話学校 でも教える文法です。なぜonなのか、というのは軽く考える程度で流してもらって大丈夫です。 深く追求する必要はありません。

さて、それでは今度は私が日本語で問題を言いますので英語にしてみて下さい。

<上のやりかたで練習問題の、1~6を変形させましょう。解答は下をどうぞ。>

問題
① 以前はタバコをすいながら、食事をしていた
② 去年2度入院した
③ 音楽を聞きながら寝ることがある
④ 来月転勤になる(転勤させる⇒transfer)

康史:I used to have a meal smoking.

未佐子:正解です。過去の習慣を表すused toもちゃんとできましたね。 それでは次は?

康史:I was hospitalized two times last year.

未佐子:正解です。受身の問題でした。hospitalizeは「入院させる」という意味ですので これは通常受身形になります。他にもsurprise、excite、transferなども通常受身で使います。 それでは次は?

康史:I sometimes sleep listening to music.

未佐子:OKです。「~することがある」はsometimesでした。ちなみにmusicにはtheやaなどの 冠詞はつきません。それでは最後は?

康史:I'm going to be transferred next month.

未佐子:はい、これもOKです。よくできました。今日の分詞は非常に大切なので しっかり復習しておいて下さいね。分詞がしっかりできるようになれば、中級者の 仲間入りです。最初は難しいですが、考える時は簡単に考えるようにしましょうね。

それでは本日はこれまでです。 それではお疲れ様でした!!

関係代名詞と勘違いされないようにするには、この分詞を名詞の後ろに置かない ことです。できれば名詞がない英文を作り、その後ろにこの進行形の分詞を置けば 同時進行の動作を表す分詞としか取れないので、相手にもわかりやすくなります。 相手から逆にこの分詞を使われた時にもここで判断できます。どのポイントで各文法がどの文法なのか、という ことを識別する力を身に付けましょう。



日記
昨日、胃痛に効くアロエの葉についてここで話したところ 色々なコメント頂きました。ありがとうございます! 私が知るもう1つの即効薬はしゃっくりを一瞬で止めるというもの。。 これはいきつけの居酒屋で客のしゃっくりが止まらなくなった時に登場。 唐揚げなどの脇に添えてある小さく切ったレモン、これです。 それに砂糖をドサッとこぼれない程度にのせて、皮ごと食べます。